« お好み置碁道場 | トップページ | 棋琴 »

2017年7月15日 (土)

棋は連敗、琴は最高

有楽町囲碁センターで2連敗。捜していた秋山賢司の『碁の句』という本が手に入りました。午後は神奈川フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会。神奈川県立音楽堂で行われました。指揮は川瀬賢太郎。吉松隆の「鳥は静かに」(弦楽器のみ)、モーツァルトの協奏交響曲(管楽器4人の独奏)、ハイドンの「驚愕」。モーツァルトでは、ソリスト4人は、指揮者とオケとのあいだに立ちました。「驚愕」は木管前列はフルートとオーボエ、後列はホルンとファゴット、上手にトランペットとティンパニ。アンコールはハイドンの2楽章。指揮をコンサートマスターの石田が行い、副指揮者がコンマスを担当するなど趣向をこらしていました。開演前に、指揮者と副指揮者とのトークがありました。「驚愕」というのは、英語のニックネームで、ドイツ語のニックネームは「ティンパニの一撃」だという興味深い話が聞けました。

« お好み置碁道場 | トップページ | 棋琴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535415/65538466

この記事へのトラックバック一覧です: 棋は連敗、琴は最高:

« お好み置碁道場 | トップページ | 棋琴 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

囲碁大会の軌跡

  • 2012年湘南ひらつか囲碁まつり1000面打ち大会
    私は数々の囲碁大会に参加し、また自分も運営にたずさわりました。